×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Python lambdaの使い方(基礎)



他の人が書いたソースを見てみると、

lambda ....


という記載を見かけます。

よくわかっていなかったのですが、要するに
一行で呼び出し可能なオブジェクトを生成する
命令なわけですね。

func1 = lambda x,y:x+y
func2 = lambda x,y:x*y
func3 = lambda x,y:x**y

print func1(15,10)
print func2(15,10)
print func3(2,10)



実行結果
25
150
1024


lambdaの後に書いた変数が引数
:の後に書いた式が評価され、
呼び出し元にリターンされます。


クラスメソッドも、お手軽に作成できます。

class Klazz:
  pass

klazz = Klazz()
klazz.func1 = lambda x,y:x+y
klazz.func2 = lambda x,y:x*y
klazz.func3 = lambda x,y:x**y

print klazz.func1(15,10)
print klazz.func2(15,10)
print klazz.func3(2,10)



もどる